気功とは

中国で起こった古からの伝統の健康法の総称で、民間療法であり代替医療である。

それらは、わかりやすくいえば体操、呼吸法、ストレッチ、マッサージ、ヒーリング、瞑想、イメージトレーニング、生活習慣の改善、食育など 健康に対するものすべてに相応する。

つまり 気功=健康法なのだ。

 

古くは導引、吐納法、練丹術(内丹術はとくに現代の気功の原型となった)など、さまざまな名称の健康法を1957年に劉貴珍という人物が『気功療法実践』という本を著し、そこに出てくる「気功」という語で統一された呼称が、その後一般に定着したようだ。そこに紹介されていた気功は呼吸や発声、軽度な運動を伴うものがほとんどであり、中医学の経絡理論などと結びついて、健康法として太極拳と同様、公園などで広く行なわれてきた。

 また、これらは一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科もある。 

気功は、主に体内に「気」を循環させ「気」の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させるなど「気」の積極的な交換を行って患部等を癒やす外気功とに大別される。

気功は本来自分で実践する「内気功」が主体で、外気功(ヒーリングに等しい)は補助的なものの要素が強い。

日本では中国の気功師がテレビなどのメディアで外気功を盛んに行っていた影響もあり、日本では「気功=外気功」という印象が強く、超能力のようなものであると誤解もある。

 

内気功は、身体を動かして筋肉のポンプ作用などを使い体内の気血を循環させる動功と、身体は動かさずに呼吸(内臓を動かす)により体内の気血を循環させる静功に分類される。現在、広く行われている気功の種類の多くは「動功」である。

 

 その他、中国武術で用いられる武術気功も存在する。武術においては、「軟功」「硬功」という言葉が存在し、軟功は身体を柔軟に柔らかくすることを目的とした気功、硬功は身体や拳などを強く固くする目的の気功である。

 

他に、法術(祝由十三科とも)と分類される気功法がある。これは、古くは巫術とよばれ、道教(神仙術)や仏教など宗教でも利用されてきた、スピリチュアル的な分野である。

これらは、「気の情報」を読み取り、または変化させることで病気の治癒、呪いや霊的な問題の解決を行う気功である。

​*当会のロゴ・画像・文章に関する著作権は当会に帰属されます。当会ホームページ等に搭載されている文章・画像等の無断転載、二次利用は禁止します。

@East martial arts  Japan