EAST MARTIAL ARTS  運営規約

                      

 

 

第1条 本会は、EAST MARTIAL ARTS と称する。

以下、「EMA」と呼称するとする。 

 

第2条 EMAの事務所は、会長宅とする。 

 

 

第3条 EMAは、中国の武術である太極拳を中心としたあらゆる東洋の武術を通じて人格形成における心身の修練や武道精神を教え広める活動を行うことにより、日本から世界を肉体的・精神的・社会的に健康にすることを目的とし、平成30年4月1日に設立する。 

 

 

第4条 EMAは、前条の目的を達成するために太極拳普及等の活動を行い次の事業を実施する。 

(1) 生涯スポーツとして老若男女に太極拳とその他の武術等を広めるための活動

(2) 東洋の精神や考え方の普及活動

(3) その他、目的の達成に必要な活動 

 

 

第5条 EMAの会員は、次の2種類とする。 

(1)正会員は、この会の目的に賛同し入会した者とする。   

(2)賛助会員は、この会の事業を賛助するために入会したものとする。 

 

 

第6条 会員として入会しようとする者は、入会申込書を運営に提出し、会長の承認を得るものとする。 

 

 

第7条 会員は、以下に定める会費を納入しなければならない。 

(1)正会員 3000円

(2)賛助会員 総会において別に定める

原則をこれを財源に運営費用にあてるものとする。

 

 

第8条 会員は、退会届を運営に提出し任意に退会することができる。 

2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。 

(1)本人が死亡したとき。 

(2)会費を2年以上納入しないとき。 

 

第9条 本会に次の役員を置く。 

(1)会長

(2)副会長 

 (3)監査役 

2 第1項に定める役員は、会員の互選により選出する。 

3 役員の任期は、3年とする。ただし、再任を妨げない。 

 

第10条 会長は、その業務を統括する。 

2 副会長は、会長を補佐し、これに事故あるときまたは欠席のときは、その職務を代行する。 

 

第11条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、運営の議決により、これを解任することができ

る。 

(1)心身の故障により、職務の執行に堪えられないと認められるとき。 

 

第12条 EMAの総会は、正会員を持って構成し、年に1回開催するものとする。ただし、必要があると

きは臨時に開催できるものとする。 

2 総会は、以下の事項について議決する。 

(1)会則の変更 

(2)解散 

(3)事業の変更 

(4)事業報告及び収支決算 

(5)役員の選任又は解任 

(6)その他会の運営に関する重要事項 

3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ、開会することができない。 

 

第13条 総会の議事については、議事録を作成する。 

 

第14条 役員会は役員を持って構成する。ただし、監査役を除く。 

2 役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の執行に関

し、議決する。 

 

第15条 会長は、毎事業年度終了後3か月以内に事業報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会の

承認を得なければならない。 

 

第16条 EMAの事業年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。 

 

第17条 EMAの事務を処理するため、事務局を置く。 

 

第18条 この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、会長が別に定める。 

 

第19条 この会則は、総会において、出席者の3分の2以上の承認がなければ変更できない。 

 

第 20 条 EMA会員が次の各号に該当することになった場合は、運営会議の議決を経て登 

録を抹消することができる。 

① 会員との連絡が取れなくなった場合。 

② 2年以上、活動実績がない場合。ただし、休会届を提出した場合は、この限りでない。 

③ 会員としてふさわしくないと認められる事実が発生した場合。

附則 

1 この会則は、平成30年4月1日から施行する。

 

EAST MARTIAL ARTSプライバシーポリシー

EAST MARTIAL ARTS(以下「当会」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全役員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

 

1.個人情報の管理

 

当会は、会員さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改竄(かいざん)・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・役員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

 

2.役員および委託先の監督について

 

当会は、安全管理措置の実施その他の個人情報の適正な取り扱いの確保のため、役員に対し、必要な教育研修を実施します。

当会は、中国武術及び日本武道関連(以下「武術関連商品」)の各種商品・サービスの販売・受付業務、武術関連商品の故障修理業務、料金関連業務、マーケティング業務その他業務において、会員さまよりお預かりした個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合があります。この場合、当会は、個人情報を適正に取り扱うと認められるものを選定し、委託契約において、安全管理措置、秘密保持、再委託の条件その他の個人情報の取り扱いに関する事項について適正に定め、必要かつ適切な監督を実施します。

 

3.個人情報の利用目的

 

会員さまよりお預かりした個人情報は、当会からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

 

4.個人情報の第三者への開示・提供の禁止

 

当会は、会員さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

 

・会員さまの同意がある場合

 

・会員さまが希望されるサービスを行なうために当会が業務を委託する業者に対して開示する場合

 

・法令に基づき開示することが必要である場合

 

 

5.個人情報の安全対策

 

当会は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

 

 

6.ご本人の照会

 

会員さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

 

 

7.法令、規範の遵守と見直し

 

当会は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

 

8.個人情報保護に関する苦情及びご相談

 

当会は、個人情報の利用、提供、開示または訂正等に関する苦情その他の個人情報の取り扱いに関する苦情を適切かつ迅速に処理いたします。

苦情及びご相談のお申し出は、下記のまでお願いいたします。

 

メールアドレス east.martial.arts@gmail.com

(附則)

2015年4月1日制定・施行

@East martial arts  Japan