東洋医学とは

 

 東洋の伝統医学を大きく分類すると、ユナニ医学(イスラム医学)、アーユルヴェーダ(インド医学)、そして中国に起源を持ち東アジアに広まった中国医学(現 中医学とは異なる)がある。私たちEMAは特にこの中国医学を得意とする。

 中国でも原始的な医術として『傷口を嘗める』『痛いところを撫でる、擦る』『薬になる食べ物を摂取する』など、ほかの文化圏と同様な本能的な医術を行っていたが、それとは別に、石を使って皮膚を切り溜まった膿を出すことに利用するなど、『痛むところに”石”を用いて治療した』ことがほかの文化圏と違っている点で大変注目することができる。これが後に ”気の思想” を背景として ”経絡” を発見し、経絡説を発明するきっかけとなった。

…と、医道の日本社が出版している東洋医学概論には記してあるが、『経絡の発見』や『気』については別の機会に伝えることとする。

 中国では ”気の思想” が春秋戦国時代の末期(紀元前5世紀)から、老子や荘子によって主張されたとされ、『天人合一思想』とともに、森羅万象を理解するための基礎的な思想となった。この思想は ”宇宙と人間は一体関係にあり、宇宙のすべての要素が人間に影響を与えていて、人間の変化はすべて各要素の作用を反映している” というものである。この思想が『陰陽論』『五行説』を生じ、中国医学の発展にも繋がった。

 このように中国医学は、すべて ”気” を根底において考えている。宇宙の生成から生命現象、病気に至るまですべての事象において、この ”気” のバランスを整えるということを最も重要視する医学なのである。

 今から2000年以上前に中国医学の基礎が定まったとされ、その当時に書かれた医学書が古典と称され、鍼灸では『素問』『霊枢』『難経』、湯液(漢方薬を使う医術)では『傷寒論』『金匱要略』などは今でも熱心に読み継がれている。

​*当会のロゴ・画像・文章に関する著作権は当会に帰属されます。当会ホームページ等に搭載されている文章・画像等の無断転載、二次利用は禁止します。

@East martial arts  Japan