何千年という中国の歴史の中でも、とりわけ武術の歴史は中国を語る上でも避けては通れない。中国武術は日本はもちろん、周辺諸国のみならず世界各地にもその影響を与えてきた。

 その武術の歴史はおよそ新石器時代までさかのぼる。人々は集落をつくり、平穏な生活をしていた頃、武術は大きな獣を集団で狩るための訓練であり、ダンスのようなものであった。しかし集落も増え手狭になってくると、新たに豊かな土地を手に入れるため部族間で互いに争い、やがて命をも奪い合った。長い長いたたかいの歴史の始まりである。

 

 戦に負け、土地を奪われた者は捕虜となり延いては奴隷となる。この奴隷制度が導入され始めると、それはだんだんと貪欲な者たちの覇権争いへと変わっていった。終わりの見えない争いの中で、敵よりもいかに優れた武器・兵器を開発するのか、​その開発した兵器を戦場へと導入しいかに多くの敵を討ち、自軍の被害を減らすことができるか、いかに効率よく敵を殲滅するのか…戦場は盤上のみならず、多くの修羅場をくぐり抜けてきた将の勘が鉄壁の兵法を打ち砕く。試行錯誤する中で、ものづくりの技術や戦の技術は戦乱の世に磨かれていったのだった。

 そして時折訪れる平和な時代に、人々の生活や心に余裕ができると娯楽が発展することとなる。単なるたたかいの道具であった武術は、人々を楽しませるための性質も持つようになった。各地から多くの人々が集まるような大きな祭の演目のひとつになり、王の前で演武を献じるようにもなったのだ。

 つかの間の平和は過ぎ去り、再び訪れる恐怖の毎日。いつ殺されるか、いつ大切な人を失うかわからない何千年と続く戦乱の世に、人々は次第に心も体も疲弊していった。そんな時、唯一人々の心を癒したのは宗教だった。瞑想をしている時だけは心を無にしてすべてを忘れることができる…休まらない辛い日々から目を背けるため、将軍も平民も宗教を心のよりどころにするようになった。

 武術は単に”武術”といっても、その長い歴史の中で”様々な発展”をしていったのだ。

 文化大革命時にその歴史の多くは失われてしまったが、1950年頃から武術は国民の健康増進のためのスポーツとして普及が図られるようになり、その中でも太極拳が健康増進のための武術体操として普及されるようになった。さらに1960年代に[武術競技規則]が定められ、競技スポーツとしての武術大会が実施されるようになったのだ。

 現代において中国武術は伝統を守り伝えるだけでなく、人々の心と体の健康を守り、希望と目標を与える役割を担っている。

​中国武術の歴史

気功とは

中国で起こった古からの伝統の健康法の総称で、民間療法であり代替医療である。

それらは、わかりやすくいえば体操、呼吸法、ストレッチ、マッサージ、ヒーリング、瞑想、イメージトレーニング、生活習慣の改善、食育など 健康に対するものすべてに相応する。

つまり 気功=健康法なのだ。

 

古くは導引、吐納法、練丹術(内丹術はとくに現代の気功の原型となった)など、さまざまな名称の健康法を1957年に劉貴珍という人物が『気功療法実践』という本を著し、そこに出てくる「気功」という語で統一された呼称が、その後一般に定着したようだ。そこに紹介されていた気功は呼吸や発声、軽度な運動を伴うものがほとんどであり、中医学の経絡理論などと結びついて、健康法として太極拳と同様、公園などで広く行なわれてきた。

 また、これらは一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科もある。 

気功は、主に体内に「気」を循環させ「気」の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させるなど「気」の積極的な交換を行って患部等を癒やす外気功とに大別される。

気功は本来自分で実践する「内気功」が主体で、外気功(ヒーリングに等しい)は補助的なものの要素が強い。

日本では中国の気功師がテレビなどのメディアで外気功を盛んに行っていた影響もあり、日本では「気功=外気功」という印象が強く、超能力のようなものであると誤解もある。

 

内気功は、身体を動かして筋肉のポンプ作用などを使い体内の気血を循環させる動功と、身体は動かさずに呼吸(内臓を動かす)により体内の気血を循環させる静功に分類される。現在、広く行われている気功の種類の多くは「動功」である。

 

 その他、中国武術で用いられる武術気功も存在する。武術においては、「軟功」「硬功」という言葉が存在し、軟功は身体を柔軟に柔らかくすることを目的とした気功、硬功は身体や拳などを強く固くする目的の気功である。

 

他に、法術(祝由十三科とも)と分類される気功法がある。これは、古くは巫術とよばれ、道教(神仙術)や仏教など宗教でも利用されてきた、スピリチュアル的な分野である。

これらは、「気の情報」を読み取り、または変化させることで病気の治癒、呪いや霊的な問題の解決を行う気功である。

東洋医学とは

 

 東洋の伝統医学を大きく分類すると、ユナニ医学(イスラム医学)、アーユルヴェーダ(インド医学)、そして中国に起源を持ち東アジアに広まった中国医学(現 中医学とは異なる)がある。私たちEMAは特にこの中国医学を得意とする。

 中国でも原始的な医術として『傷口を嘗める』『痛いところを撫でる、擦る』『薬になる食べ物を摂取する』など、ほかの文化圏と同様な本能的な医術を行っていたが、それとは別に、石を使って皮膚を切り溜まった膿を出すことに利用するなど、『痛むところに”石”を用いて治療した』ことがほかの文化圏と違っている点で大変注目することができる。これが後に ”気の思想” を背景として ”経絡” を発見し、経絡説を発明するきっかけとなった。

…と、医道の日本社が出版している東洋医学概論には記してあるが、『経絡の発見』や『気』については別の機会に伝えることとする。

 中国では ”気の思想” が春秋戦国時代の末期(紀元前5世紀)から、老子や荘子によって主張されたとされ、『天人合一思想』とともに、森羅万象を理解するための基礎的な思想となった。この思想は ”宇宙と人間は一体関係にあり、宇宙のすべての要素が人間に影響を与えていて、人間の変化はすべて各要素の作用を反映している” というものである。この思想が『陰陽論』『五行説』を生じ、中国医学の発展にも繋がった。

 このように中国医学は、すべて ”気” を根底において考えている。宇宙の生成から生命現象、病気に至るまですべての事象において、この ”気” のバランスを整えるということを最も重要視する医学なのである。

 今から2000年以上前に中国医学の基礎が定まったとされ、その当時に書かれた医学書が古典と称され、鍼灸では『素問』『霊枢』『難経』、湯液(漢方薬を使う医術)では『傷寒論』『金匱要略』などは今でも熱心に読み継がれている。