姫龍会メンバーインタビュー02

更新日:7月29日

こんにちは、ブログをご覧の皆様

EMA事務局員の福田です。


今回は2016年姫龍会発足時メンバーであるHさんにインタビューを行いました。


★会員データ★

Hさん

太極拳歴 7年


今回は7つの項目についてインタビューを行いました。



【姫龍会に入会した経緯】


福田「Hさん、よろしくお願いいたします。それではまず、姫龍会に入会した経緯を教えてください。」


Hさん「太極拳を習いたいと思って専門にやっているところが近くにあったんですよね。そこに1年くらい通って、急に閉館になってしまったんです。その教室は中国人の先生が教えてくださることが多かったんですけど、まぁ見て覚えるっていう感じで、日本語がちょっと不自由だったんです。けれども(その教室にいらした)イナミ先生はしっかり言葉でも教えて下さっていたので、それでイナミ先生に皆で”先生、(太極拳を)教えてくださいよー”ってお願いして、それから(姫龍会が)始まったっていう感じですね。」


福田「なるほど。因みに、最初に太極拳を習いたいと仰られていたんですけどその理由ってなにかありますか?」


Hさん「総合的に見て太極拳が一番身体にとって良いっていうことをちょっと耳に挟んで、私運動苦手だけれども太極拳は動きが緩やかだし、私でもできるかなっていうのがあってちょっと太極拳をやってみたいなっていうのはありますね。」


福田「では、実際に太極拳教室を調べたりとかはされたんですか?」


Hさん「調べたりはしてないの。(太極拳教室に入る前に)ジムにちょっと入ったんですけど、そこで太極拳(コース)があったんですけど、なんとなく物足りなくて。それで専門にやるっていうところがあってそこに入ったっていう感じですね。」



太極拳のイメージと実際


福田「姫龍会(旧しま会)に入会してみていかがでしたか?」


Hさん「太極拳ってもう少し簡単だと思ってたんですけど(笑)、奥が深いっていうところですね。それこそ公園太極拳じゃないですけど、ちょっと日常的に身体を動かせるかなっと思ってたところが(奥が)深くて、やってもやってもなんだか(笑)。」


福田「奥が深いと色々楽しめそうですね。他にあったりしますか?」


Hさん「やっぱり1つ1つの形が、武術の形なので、全部の動きに意味があるっていうのが、ちょっと甘く見ていたというか(笑)。ゆっくりなのに常にどこかが動いていないといけないとか、リズム感とか、その辺が中々身体で表現するっていうのが難しい。」



【姫龍会の好きなところ】


福田「姫龍会に居てよかった思うところについて教えてください。」


Hさん「先生が素晴らしいっていうことと、私は今もう72歳なんですけど、それぞれその人によって指導していただける。私は歳だから駄目だわとか、運動が苦手だから駄目だわとか、そういうことは一切に無くて、その人に合った技量で教えてくださるところがすごい嬉しいですね。」


福田「ジムの太極拳コースでは1人1人に合わせた指導はなかったということですか?」


Hさん「なかったですね。(受講者の)人数も多かったんですけど、先生の動きを見てそれを真似をしてやるっていう感じで、形を覚えるので精一杯なところがあったので、太極拳の良さを味わえなかったっていう感じはありましたね。」


福田「Hさんにとっての太極拳の良さとはどういうところですか?」


Hさん「形の美しさと、それから流れですかね。身体の流れ、呼吸の流れとか、流動性みたいなのは太極拳の良さだと思いますね。順番だけ覚えても、形だけ覚えても、全然それは太極拳じゃないっていうのがありますね。」




【太極拳をはじめて感じた変化】


福田「では、太極拳を始めてから肉体的・精神的に変化はありましたか?」


Hさん「時々整骨院に行くんですけど、つい最近、前より随分筋肉が増えましたねって言われたことがありました。“太極拳で筋肉が増えるってことがあるんですね”ってその人もびっくりしたんですけど、私もそんな筋肉が増えるなんてことちょっと考えてもいなかったので、それはちょっと嬉しかったですね。」


福田「おぉー!それはすごい。Hさんは背中がとても綺麗になったといつも先生がおっしゃっていますよね。他にも何かありますか?」


Hさん「私すっごい上がり症なんですけど、(姫龍会内で)試験とかがあるんですけど、そうするとガチガチに上がって先生にいつも“なんでそんなに上がってるの”って怒られてたのが、ちょっとずつ慣れてきて少し落ち着いて出来るようになったかな。それはちょっと嬉しいですね。でも未だに人よりは緊張するタイプなんだけど(笑)。」





【先生方はどんな先生?】


福田「【姫龍会の好きなところ】で先生方が素晴らしいと仰られていたのですが、先生のどんなところに素晴らしさを感じていますか?」


Hさん「小さい時から太極拳をやってらして技術もすごいし、コーチングも勉強してらしたので1人1人を見る目がしっかりしている。ちょっと気を抜いても遠くの方から”そこ違う”って声が掛かるのでサボれない(笑)」


福田「まるで部活みたいですね(笑)。他にありますか?」


Hさん「FEI-LONG先生とイナミ先生と常に2人で話し合って、じゃあ次はどうしていこうかとかそういう計画、どうしたら生徒が伸びるのかっていうのを常にお2人で話し合っているっことが中々すごいなって思いますね。太極拳の24式だけやってても伸びないから基礎の長拳をやり始めたりとか、長期に渡って考えてくださります。」



【今後の目標】


福田「現在の目標や今後やりたいことなどがあれば教えてください。」


Hさん「ちょっと年齢も考えて、いくつまで出来るかなっていう不安もありますね。なるべく続けたいなと思ってるんですけど、続けられるように頑張りたい(笑)」



【姫龍会に入会を考えている方に一言】


福田「最後に姫龍会に入会を考えている方に一言いただいてもよろしいですか?」


Hさん「やっぱりその人に合った指導法を考えていただける教室を選ぶ、それは私にとっては姫龍会なんですけど。少しでも上達すれば楽しいですし、厳しいけれど楽しい時間を過ごせるようなところを選ぶのがいいと思います。人と比べるんじゃなくて、自分の中で前よりちょっと出来たなっていう楽しみを見つけていく、そういうのが大事かな。」





閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示